忍者ブログ
ゴールデンハムスター金熊のキミさまとマツシマの日記。むしろ最近はマツシマのどうでもいい日記とか。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワンピースで電車に乗り、私のおなかを見て席を譲られたら
爽やかに「ただのデブですので、どうぞおかまいなく」と言ってみたいマツシマです。

いやぁ、公共マナーって本当難しいですよねーーー。

某所の掲示板でずーっと話題になってるんですけど。
議論が終わる様子がない。
まぁ、当たり前っちゃ当たり前か。

なんかねぇ…。

こうなっちゃうのもしょうがない気がするんですよね。

何でかっていうと、日本、人大杉。
とくに都会。

都会って色々と、コンパクトにしないと暮らしていけないですよね。
なんていうか、人が多いから、
とにかく自分が大勢の人の邪魔にならないように、ならないように、って生きてきてるんですよね。都会人って。
(例外もいるでしょうけど、それはおいといて)

その結果、駅のホームや道でもね。
ちょっと立ち止まって携帯やカバンの中を見るだけでも、壁の隅~っこの方に寄る習性がついてるんですよ。

なんというか、なんに関しても
限られた空間の中で、少しでもちっちゃくまとまって生活していく習性がついてるんですよね。

それが当たり前になっちゃってるんです。

「自分が気持ちよく過ごせるためにある程度のスペースを作る」よりも、
「他人から白い目で見られないためにスペースを減らす」方が心がラクなんです。

でも都会って、最初から都会で生まれ育った人だけじゃなくて、
いい大人になってから都会に来る人だっているわけで。

それこそいろんな人が集まっちゃうところなんですよね。

で、いい大人になってから都会に来た人って、
コンパクト習慣がついてないから、そーいう細かいところに気付けないんですよね。

それで、そういう人を都会人が見て、
「自分はこれだけコンパクトに動いてるのに、あいつは一体なんなんだ」となってしまうわけで。

だから色んなところで軋轢が生まれる。
電車内のこともそうだし、それ以外の色んなところでも。

なんか結局そういうことなんじゃないのかな、って今思うんです。
都会のど真ん中で生まれ育った私からすると。

別に「気付けない人が悪い」って言ってるんじゃないんですよ。
そういうふうにしか育ってないのだから、
いちいち気付けないのはしょうがないと思うんです。というか気付けなくて当たり前。

同じようにね。
コンパクトにしか生きる術のなかった、私たち都会人のことを
「心に余裕がない」とか「冷たい」とか言うのは、本当、やめて欲しいと思うんです。

…しかし。

しょうがないとは言いつつも、
都会で暮らすなら、なるべく都会の息吹に合わせるべきでしょう。

自分が今まで暮らしてきた土地ではそうじゃなかった、と開き直って
故郷スタイルで都会で生活して欲しくはないなってのは正直なところです。

故郷スタイルで生きたいなら、今まで暮らしてきたその故郷に戻れば?と思います。
都会のメリットだけ享受しておきながら、都会の息吹にあわせたくないというのはちょっと我侭ですね。

私自身に、故郷がないからそう思うのかなぁ?
わかりませんが。

妊婦さんなどが、妊娠している間仕事を休んでも
生活が成り立つような社会になればいいのになぁ、と願ってやみません。
願うだけじゃなくて投票も行くか。
PR
この記事にコメントする
名前:
題名:
文字色:
MAIL:
URL:
コメント本文:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
95 94 93 92 91 90 89 88 87 86 85
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メロメロパーク
最新コメント
プロフィール
HN : マツシマ
年齢 : 37歳
性別 : 女性
誕生日 : 1980/12/02
職業 : システムエンジニアっぽい
趣味 : 人騒がせ
自己紹介 :
2ch-ネタ雑談-お笑い小咄-意味不明の言葉を書きこむスレで小一時間爆笑し続けるような壷の持ち主です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ × [PR]

Shinobi.JP